派手な色は使わず、ナチュラルな印象でキリっと

 

派手な色は使わず、ナチュラルな印象でキリっと

 

  • 職業:事務員
  • 年齢:31歳
  • 性別:女性

 

顔の中で、良くも悪くも一番個性が出るパーツだから

 

私はメイクの時、目元を一番気にしています。その理由は、目元が一番その人の個性を現しているパーツだと思うからです。
チークやリップなどは、色や質感を変えるだけで簡単に印象が変えられますし、人の真似も簡単にできます。
でも、目元はちょっと色や質感を変えたくらいではそう簡単にその人の印象を変えることができません。
そのため、「自分が人からどう見られたいか」を考えて、思い描いている自分のイメージに近くようにメイクを工夫しています。

 

たっぷり保湿してくすみを解消、あとはナチュラルメイクを心がける

 

目の周りはとてもデリケートなので、スクラブやピーリングなどで角質を落としたりすることができません。
極力刺激を与えないようにして色素沈着を防ぎ、たっぷりの保湿でくすみが出ないように気をつけています。
目の周りの肌をきれいに明るく保てれば、派手な色をゴテゴテ塗りたくる必要はありません。あまり色を使うと、逆に老けて見えてしまうので、極力肌の色に近いベージュやブラウンなどで、ナチュラルな印象になるように心がけています。
最後に細めにアイラインを入れて、自然だけれどもキリっとした印象に仕上げています。

 

もっと簡単なメイクで、堂々と外を歩く

 

極力飾り立てないようにナチュラルなメイクを心がけていますが、やはり10代の頃のようなハリや色ではなくなってきたので、それなりに丁寧にアイメイクをする必要があります。
もし理想の目元になれるのであれば、「眉毛とアイラインを少し入れるだけ」とミニマムなメイクにして、ソワソワせずに街中を歩きたいと思います。
楽なのはもちろん、もっと自分に自信が持てるようになる気がします。