泡立てネット」がなくても洗顔石鹸をたっぷり泡立てる方法

 

泡立てネット」がなくても洗顔石鹸をたっぷり泡立てる方法

 

  • 性別:女性
  • 年齢:39歳
  • 職業:フリーター

 

コマーシャルのようにもっこもこの泡で洗顔したい!

 

最近でこそ、洗顔石鹸用の泡立てネットというものがあり、手軽に購入できるようになりましたが、以前はそのような便利な道具はなかったため、色々と試行錯誤をしながら石鹸を泡立てていました。ただ右手で石鹸を固定したまま、ひたすら水分を加えながら石鹸や、手でさすったり、石鹸をクルクル回してみたり。その結果、コマーシャルほどの泡立ちではないものの、ちょうどいいぐらいの泡立て方ができるようになりました。

 

石鹸は、優しくなでながらクルクル回すとよく泡立ちます。

 

洗顔石鹸を使うとき、ついゴシゴシと手でさすってしまいがちですが、それではうまく泡が立たないことが分かりました。また、固形の石鹸の場合、固定したままではなく、水やぬるま湯を追加しながら、利き手の掌の中でクルクル回していくと、よく泡立ってきます。また、石鹸を掌にしっかり密着させるよりは、少し掌を窪ませると、より泡立ちやすくなります。手を窪ませる方法は、クリームタイプの洗顔石鹸でも効果的です。そして、摩擦の強さは「ふんわり優しく」がポイントです。みっちりと手と手、あるいは手と石鹸を密着させるよりは、程よい強さ、密着度のほうが泡立ちやすいです。

 

石鹸を泡立てやすくするために注意したいこと

 

石鹸を手に取る前にもしっかり手を濡らしておくと更に泡立ちやすくなります。クレンジングオイルなどを使用した後は泡立ちにくくなりがちですが、一度、軽く手のオイルを落とすために手を洗ってから洗顔石鹸を使うといいでしょう。また、固形石鹸の場合、まだ使い始めの、大きい状態の時にはこの方法では上手に泡立ちにくく、手から落ちてしまうこともあると思います。その場合は、あらかじめ石鹸を使いやすい大きさに切っておくのもいいと思います。ぜひ、試してみてください。