スリムフォー スポーツ

スポーツジムと食事管理

 

スリムフォー口コミ

19才、女性
継続年は18〜19才 1年間
私のダイエットの工夫は・・・・

 

 

幼い頃から中肉中背で、一家はみなダイエットとは無縁の体型でした。

 

バランスのよい食卓に並ぶ食事を家族五人でわいわいがやがや、楽しく食しておりました。やがて私は高校生になり、アルバイトを始めました。

 

学校からも高校からも近く、程よい距離にあったパン屋さんは、学校帰りに部活動のようにアルバイトをして、家に帰るというコースでした。

 

閉店は8時で、帰宅までにお腹がぺこぺこになります。

 

食べ盛りの高校生の私に気を使って下さる店長は、売れ残ったパンを食べなさいと言って渡してくれます。

 

このパンが本当に美味しかったのです。沢山売れ残った時には家族分と言って、山ほど持たせてくれましたが、私は家に着くまでの帰り道の自転車で、片手にパンを持ちながら食べながらの自転車漕きをし、夕飯前にパンでお腹を満たすことになっていました。

 

母はアルバイトをして疲れている私に、美味しくて体の為になる夕飯を、今まで以上の量で作ってくれていました。

 

私はそんな母の期待に答えなくてはと、残さず綺麗に夕飯を頂いていました。アルバイトで疲れたとはいえ、パンと夕飯とが週に4から5日となるわけですから、摂取カロリーは消費カロリーを大幅に越えていました。

 

必然的に、学校の制服がみるみるうちにきつくなり、体重増加を感じました。

 

それでも美味しいパンと夕飯は止められず、制服は買い直すことに。

 

そんなとき、私が密かに思っていたクラスの同級生の男子から、「お前、太ったなー。」と言われました。それはそれはショックでした。なぜなら、その男子は、細身の子がタイプだということを知っていたからです。私はそこでダイエットをすることを決意しました。

 

 

トレーニングと食事管理

 

高校卒業半年前に決めたダイエット。

 

なんとか卒業式には、好きな男子に細身になった私で告白しようと、ダイエットの計画を立てました。まずは、アルバイト先で頂く売れ残ったパンは、店長には頂きますといいながら、鞄にしっかりしまい、兄妹に渡すこと。

 

癖になった自転車漕ぎながらの片手にパンは、きっぱり辞めました。

 

それから、近くにある公共施設の中に300円でトレーニングができるスポーツジムがあることを発見したので、ここに登録をし、時間を見つけてはトレーニングに励みました。

 

一人ではどのようにマシンを使えばよいのか分からないし、ダイエットにはどうしたらよいかをトレーナーに相談しながら、トレーニングしました。併せて、母にも協力してもらい、食事管理も徹底しました。家族の中でも少食の妹と同じ分量の食事メニューにしてもらいました。

 

 

細身になったので好きな男子に告白

 

体重は元に戻り、体も軽くなり、トレーニングがとても楽しくなりました。そして卒業式には、好きな男子に告白できる位に、細身になった私です。

 

自分に自信をつけると、表情も明るくなり笑顔が増えたと思います。

 

この笑顔で、愛しの彼に告白したいと思います。

 


スリムフォートップリンク

スリムフォー:スリムフォーの口コミや効果、成分、解約方法やサプリを最安値で購入法、Amazonや楽天、ドラッグストアや薬局より公式販売店がお得な理由など情報公開中。