夏でもカサカサの肌をふせぐには

 

夏でもカサカサの肌をふせぐには

 

汗をかく季節の肌の乾燥

 

 

肌の乾燥は、冬だけだと思っていませんか?
お肌の乾燥は夏でもかなりあるんです。
クーラーによる乾燥や紫外線によってバリアがなくなってしまうこともあります。
空調の効いた部屋でずっと仕事をしている人や汗をかきやすい人などに。

 

 

夏のカサカサをふせぐ方法

 

1.洗いすぎにはご用心です。
夏は汗をかくことが多く、自宅にいて化粧をしていないなら、頻繁に洗顔しますよね。
また、化粧をして外出している時なども汗が拭けるようにコットンなどをよく使います。
これが、実は、肌の乾燥を招いている原因の一つなんです。
わたしは、洗顔の時は、”落とし過ぎない”ように洗顔料は使わないように注意しています。
また、洗う時も”ごしごし”にならないように気を付けています。
更に、拭く時、これは、外出先でコットンなどを使う時も同じですが、必ず、上から押さえるようにします。
本当は、さっぱりなるように洗顔料でごしごしと洗ってバサバサっと拭いてしまいたいのですが、そうすると、肌のバリアを壊してしまうような気がして、今の方法にしました。
少し乾燥が治まった気がします。

 

2.部屋の湿度に気を付けます。
クーラーってかなり乾燥します。
ホテルなどでタオルを置いておいてもすぐに乾きますね。
それと同じことが夏の部屋でも起きています。
なので、私は、部屋の中になるべく”水分”を置くようにしています。
自宅のテーブルの上には、お皿に水を張ります。
それだけだと味気ないので、キャンドルなんかを浮かべてもいいです。
もちろん、目的は水分なので、味気ない皿に水だけでいいです。
会社の机には小型の加湿器を置いておきます。
乾燥してきたと思ったら、ちょこちょこと使うようにしています。

 

3.日焼けに注意します。
これは、乾燥だけの問題ではありませんが、日焼けしないように注意します。
日傘など物理的なことはもちろんですが、肌に優しい日焼け止めを使うように注意しえいます。

 

「日焼け止めはどんなタイプ?」
日焼け止めは美容液成分が入っているものを使います。
日焼け止めによっては、より、乾燥するものもありますので、そこは値段が高くなっても注意します。