ヘナの特徴とルメントの特徴と使用方法使用方法

 

ダイエット・美容のアレ・コレがわかる!美人になるバイブル!

 

ヘナは一般的な染毛料に比べて髪の毛が傷まず、髪が健やかになります。
歳をとるごとに髪の毛のボリュームがなくなり頭頂部の地肌が見えていたのですが、ヘナを使用するようになってから頭頂部がボリュームアップし、髪の癖もマシになりました。

 

ヘナの使用方法

 

まずヘナを用意し、60度のお湯でマヨネーズぐらいの硬さに溶きます。
この時、お菓子作り用の小ぶりな泡立て器でよくかき混ぜます。粉の塊がなくなるまでかき混ぜます。
次に髪の毛を小分けにしながら地肌に擦り付けるように頭全体に塗ります。
1人でする場合は手袋をしてヘナを手で掴み直接頭の上に置いて擦り付けます。
1人でする場合は完璧にしようと思わず、何となくこんな感じでいいかな程度でいいと思います。
全部塗り終わったら、頭全体にサランラップを巻いて、その上からタオルを巻き、私の場合はその上から毛糸の帽子をかぶります。頭を温める電気のウォーマーなどもあります。
1時間ほど置いてその後シャンプーで2度洗いします。
私の場合は色をより入れたいので1時間どころか2時間以上置くことも多いです。そうすると綺麗に染まっています。
シャンプーはいち髪がいいと聞いて使っています。ノンシリコンで染めが落ちにくいらしいです。
リンスは普段からしなくていいようです。

 

ヘナをしたあとは白髪の部分に綺麗に色が入り、くせ毛がマシになりハリとコシが出て来ます。
髪の毛は短い方が染めやすいのと、ヘナ粉の量が少なくて済みます。
大体1カ月経つと白髪が出てきて目立つようになるので1カ月おきに染めます。
トリートメントがわりに2週間おきの人もいます。

 

ちょっと前まで私は10カ月おきに美容院で縮毛矯正をしていました。くせ毛がひどくて、次こそは縮毛矯正せずにやり過ごそうと何回もトライしたのですが、毎回梅雨の時期にどうしようもなくなり挫折して縮毛矯正していました。
ところがヘナに変えてから縮毛矯正に行ってません。まだ梅雨の時期が来てないというのもありますが、中の髪の毛はもう縮毛が残っていない状態ですが、明らかにくせ毛がマシになっています。
ヘナは他の染毛料に比べて手間がかかるので敬遠されがちですが、1度やり始めるとやめられなくなります。

 

炭酸シャンプーのルメントも同じで頭皮やヘアにとても良い影響を与えます。
一度お試しあれ。